プロペシアとミノキシジルで薄毛防止!歓喜に沸いた半年前

プロペシアとミノキシジルで薄毛防止!歓喜に沸いた半年前

2つの有効性分

中高年の男性の多くが抱えている悩みであり、日々進行を続けてしまうAGAと言われる脱毛症の症状は本来、男性に欠かす事ができないテストステロンと呼ばれるホルモンを悪玉ホルモンのジヒドロテストステロンに変えてしまい髪の成長あるいは毛髪が養分を吸収できないようにしてしまう信号を送り出してしまい、誰しもにもあるヘアサイクルを乱すことによって症状が現れてしまいます。
ヘアサイクルとは、髪の生え変わりの時期や1本の髪の寿命、コシや太さなどの髪の健康状態のことでありAGAになってしまうとこれらは大きく変化してしまい、通常10年の寿命があると言われている髪が1年未満しかもたなくなってしまったり、栄養補給ができないために細くなってしまいコシや太さあるいはツヤを失ってしまい、頭皮に抜け毛や薄毛の症状がみられるようになります。
特徴的なのが頭頂部と言われる頭のてっぺんや額の髪の生え際から後退していくいき、M型やO型といった状態になってしまいます。
育毛剤などでカバーすることはもちろん可能でミノキシジルという有効性分が配合されているのであれば髪に十分な栄養補給が行えるようになり育毛効果を期待することもできますが、液剤なため生え際などにはしっかり浸透させることができず満足のいく結果を得にくく、またAGAの進行を止めているわけではないので、いたちごっこになってしまいます。
育毛剤の効果をしっかりと発揮させたいのであれば、内服薬であるプロペシアが有効とされています。
プロペシアとは、有効成分フィナステリドが原因となっている悪玉ホルモンを作り出すもととなる5aリダクターゼという酵素の働きを阻害し、発毛環境を整えてくれる薬になります。
液だれすることもなく、身体の中から頭皮全体に働きかけてくれるためその効果も大きいと考えられています。
医師の処方を必要とする薬ですが、クリニックなどの専門機関に行けば処方してもらうことは可能なため、薄毛治療を考えている方は一度受診してみて下さい。
また、薄毛治療に有効と考えられている成分はミノキシジルとフィナステリドの2種類だけであり、自分で治療する場合にはこれらの成分が配合されている製品を使用するようにしましょう。

■AGA専門サイト
 プロペシア通販ガイドで、フィナステリドの服用方法を確認する