ミノキシジルはAGAの治療に有効な成分です。効果や服用する際の注意点を解説します。

プロペシアとミノキシジルが最速AGA治療

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果

ミノキシジルはAGA治療薬の成分の1つとしてあげられるものです。代表的な薬にリアップがあります。また内服薬のミノキシジルタブレットなど色々な育毛剤の有効成分に使用されています。60年代のアメリカで血管拡張剤として開発され、元々は血圧降下剤として使われてました。服用してた患者達の毛髪が増えたという報告が多々あり、それから本格的に研究が始まり80年代にミノキシジルを主成分としたロゲインが開発・販売されました。

効果・効能

効果・効能

ミノキシジルの効果は血管を拡張し、血流を増加させる事により発毛を促します。毛根の中心部には毛乳頭があります。正常なヘアサイクルは、この毛乳頭が発毛・成長に必要な栄養素を血液から取り込んでくれています。ヘアサイクルが悪い人の原因の1つとして血行が悪いという事があります。血行が悪い事で必要な栄養素が十分に運ばれずに髪の成長が悪くなり毛髪は抜け落ちていきます。この事からも分かるように頭皮の血行はとてもは発毛とは深い関わりがあるのです。

ミノキシジルを成分とした治療薬

またミノキシジルの成分量にも最近は注目が集まっています。リアップ(ミノキシジル1%)の製品が発売されましたが今ではリアップX5という5%の高い濃度のリアップが発売されています。濃度が高い方がより効果的だという事は理解できますが、医薬品ではないので効果の程は期待できません。

ミノキシジルを成分とした治療薬

ミノキシジルを主成分とした外用薬(頭皮に塗るタイプ)とまた内服薬のタブレットがあります。基本的に内服薬の方が効果が高いと言われています。体内へ直接、取り込む事で有効成分を吸収しやすいからだと言われています。内服薬は「ミノキシジルタブレット」と言われていて通販で購入する事ができます。国内では購入する事はできません。基本的に育毛剤、発毛剤は高価なものですが、タブレットは安く求められるのでお勧めします。副作用も重篤なものはありません。むくみやめまいぐらいです。強く副作用を感じた場合は医師に相談の上、ご使用下さい。

ミノキシジルの注意点

ミノキシジルの注意点

ミノキシジルもプロペシアと同じく使用上いくつか注意しないといけない事があります。

内臓に疾患がある人

副作用に動悸、心拍数上昇があります。心臓に疾患がある方は使用しないようにしましょう。また薬は肝臓で代謝されるので肝臓が著しく悪い人も控えましょう。

壮年性脱毛症以外では使用しない

壮年性脱毛症とは徐々にに薄毛が進行する脱毛症の事を指します。円形脱毛症には効果が少ないので使用しないようにしましょう。

成人の方のみ使用可

成人の方のみ使用可

ミノキシジルは成人向けに製造された薬剤です。未成年者に対しては安全性が確認されていないので使用は控えて下さい。また65歳以上の人も注意が必要です。高齢者の方も十分なデータが取れてないために注意が必要です。

服用のタイミング

ミノキシジルは血圧降下剤であるため寝る直前は使用を控えた方がいいです。睡眠中は血圧は下がるものなので相乗効果で血圧が下がりすぎると危険だと思われるからです。また風呂上りの直後、激しい運動の後も血圧の変化があるので服用は避けるようにして下さい。

途中でやめると薄毛がリバウンドする可能性高い

途中でやめると薄毛がリバウンドする可能性高い

確証なデータは取れてはいませんが、特にリアップは途中でやめる事によりリバウンドはある事が多いようです。理由の1つに症状を抑制し続ける「対症療法」であるからです。血管を拡張して血流を改善する事で毛乳頭細胞に作用し、髪の細胞増殖因子を産生させる役割ですが、薄毛を進行させてしまう原因の物質、男性ホルモンDHT自体を除去、または抑制している訳ではないのです。要するにDHTの発毛へのマイナス要素と発毛へのプラス要素が拮抗し合っている状態です。その中で途中で止めてしまうと発毛のプラス要素がなくなりDHTのみの活動となってしまう為に薄毛のリバウンドに繋がります。

以上、ミノキシジルの注意点です。ミノキシジルは長期にわたり服用するお薬なので安全性も考慮し服用していきましょう。